子育てがうまくいく・うまくいかない注文住宅の間取りの違いとは

公開日:

マイホームを考える時は結婚であったりしますが、やはり子どもの誕生が大きなきっかけになるのではないでしょうか?日々成長していく子どものために過ごしやすい環境を作り、親にとって子育てしやすい家づくりを目指す人は少なくありません。今回は子育てに役立つ家づくりにポイントを置き、子育てがうまくいく間取りについて考えていきましょう。

子育てしやすい家はみんなが暮らしやすい

子育てしやすいというのを漠然と考えても難しいものがあって、どこから手を付ければよいのかと頭を悩ませます。このような場合の解決策として、専門家のアドバイスをヒントにするのもよいでしょう。建築士などに相談すると、住みやすい間取りの基本を伝授してもらえます。それでは、住みやすい、子育てしやすい家とはどのような家なのでしょうか?

家というのは住みやすい間取りはもちろんのこと、「家が最高!」と思えるような空間でなければなりません。そして家族がストレスを感じない居心地のよい生活スペースが確保できることが大切です。まず、住みやすい間取りの基本となるのは動線です。家の中で動きやすい道筋を作ることから始めるのが望ましいでしょう。家の中を一周でき、行き止まりのない二方向から出入りできる間取りが利便性を高めてくれます。

最近の傾向としてリビングを憩いの場所としている家庭が多く、家族とのコミュニケーションを取るには最適な空間とされ、リビングはまさに動線を意識した間取りであるといえるでしょう。それぞれ違った目的で過ごしていたとしても自然と会話が生まれ、常に家族の気配を感じ取ることができるので互いに安心感が得られるのです。

子どもがのびのびと過ごせる環境は親にとっても快適なもので、動線の上手な活用は家事の無駄を省き、子育てに費やす時間が増えることになります。また子どもに優しい住まいというのはお年寄りにもつながることで、段差をなくしバリアフリーにすることも暮らしやすくする方法の1つであるといえるでしょう。

家づくりは夢を実現することでもあって、求めるものは大きくなっていきます。多くの場合、子どもの将来に重点をおきますから、子どもメインの間取りに落ち着くことがほとんどでしょう。結果的に子育てしやすい家は家族にとって暮らしやすい家につながるのです。

リビングを通って子ども部屋に行く間取りが流行

学校の事や友達のことなど何でも話してくれていた子どもが、成長と共に無口になり、親とのコミュニケーションを避けるようになるのはよくあることです。環境や子どもの性格も影響しますが、思春期になるとその傾向は強くなります。そのような背景から、リビングを通ってからでないと子ども部屋にいけない間取りが注目されています。

玄関から直ぐに階段を上れる間取りにすると、親と顔を合わせることなく自室に入れ、親が子どもの友人を把握できず、夜に外出しても気づけないというデメリットがあります。

しかし、リビングに階段を設けて子どもの行動を監視できるようにすれば、必ずよい子に育つのでしょうか?かつて日本の家屋には個室という間取りは余り存在せず、畳を敷いた居間というのが家族の憩いの場であり、今のリビングルームのような役割をしていました。それが時代の流れで子ども部屋の必要性が高まり、子ども部屋は必須の間取りとなっていました。

何事も想像と現実は違っていて、プラスマイナスをはっきり線引きできないことはたくさんあります。子ども部屋の問題も家庭によってはさまざまな捉え方があるでしょう。リビングを通って子ども部屋にいくという間取りが流行している要因は、見守ることで責任を果たしているという満足感があるからかもしれません。

プライバシーゼロはうまくいかない

今の家族の在り方はリビングルームで集い、大人も子どもも思い思いの過ごし方をします。子どもが宿題をしている隣で母親がアイロンがけをし、ペットのエリアを設けているケースをよく見かけます。その光景は微笑ましく、一日がリビングで始まりリビングで終わるといっても過言ではないでしょう。

けれども、そのようなライフスタイルがずっと続く訳はなく、思春期を迎えた子どもには窮屈で、親と距離を置きたくなってしまうのは必然的でしょう。家族間で何もかもオープンにできる関係性を築くのは理想ですが、大人も子どもも一人になりたい時があるのは確かです。

孤立するという意味合いではなく、物事に集中したい時にはパーソナルスペースは必要であると思われます。どんなに家族に愛されていても、見守られていてもプライバシーをゼロにするのは不可能でしょう。互いのプライバシーを侵害することなく尊重し合うことが大事です。

 

何でも流行があって人はその流行に遅れないようにしようとし、それが正解なのか不正解なのかを見極めることはしないでしょう。子どもを見守るために作ったリビングの階段もその1つで、いざ作ってみるとさまざまなデメリットが見えてきます。子育てがうまくいく家づくりは、専門家のアドバイスを得て子育てしやすい間取りを作り、流行に飛びつかずメリット、デメリットをしっかり把握することから始めましょう。

【倉敷市】おすすめの注文住宅メーカー5選

イメージ
会社名森本工務店なんば建築工房住友林業小川建美ライフデザインカバヤ
特徴①30年以上も住み続けられる家づくりを目指している気候風土に根ざした知恵や工夫を活かした家づくり専門知識と経験が豊富なプロフェッショナルが一丸となって家づくりをサポート十人十色のこだわりを1つでも多く叶えるお手伝いをしてくれる地元で活躍するハウスメーカー
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【倉敷市】おすすめ注文住宅メーカー!