注文住宅はいつ頃購入するのがおすすめ?具体的なタイミングを考えよう!

公開日:2022/05/15

具体的なタイミング

家族と穏やかに暮らす住処を手に入れたい、そんな願いを叶えるならどのタイミングがベストなのでしょうか。憧れの注文住宅を購入したいと思っても、一生に一度の高額な買い物になることも多くタイミングには悩んでしまうものです。そこで、この記事では注文住宅の購入時期に着目して解説します。ぜひ購入を決める前にご一読ください。

注文住宅はいつ頃購入するのがおすすめ?

憧れの注文住宅を決める際には、できればベストなタイミングで購入を決めたいものです。では、注文住宅はいつ頃購入をすると良いのでしょうか。この項では、おすすめのタイミングについて3つの視点で紹介します。

収入の安定

一般的に高額のお買い物である注文住宅は、住宅ローンを使って購入することが多くなっています。住宅ローンは取り扱いを行っている金融機関が審査を行ったうえで融資を決定しており、審査基準には「収入の安定」についても細かくチェックしています。

勤務年数や貯蓄、世帯全体の所得なども考慮しており、注文住宅を建てる場合には、収入の安定が不可欠な要素と言えるでしょう。収入が安定しており、頭金準備が多少でもできる場合には、審査も通りやすく、注文住宅の買い時です。

家族構成の変化

多くの方が注文住宅の購入を決める際には「家族人数の変化」もタイミングの目安にしています。高齢となった親との同居や子どもの誕生などにより、現在のお住まいの環境が手狭に感じる場合には、住宅の購入時期と言えるでしょう。

30代頃も購入の目安

仕事が安定して収入も上向きやすい30代は、住宅購入の1つの好機です。先に触れたように住宅の購入には、住宅ローンを使う方が多いですが、返済は長期間におよびます。30年以上の返済をご検討の場合は、30代前半頃には住宅ローンの返済を開始することで、退職頃に返済を終えることができます。

40代以降の返済開始の場合には、高齢化したあとも返済が必要、もしくは、退職金などで一括返済をする必要があるため、住宅購入は30代頃から開始することがおすすめです。

注文住宅を購入する前に考えておくべき点

家族とあたたかな暮らしを始められる理想の注文住宅ですが、購入をする前に考えておくべきことはあるのでしょうか。ここでは、知っておきたい注文住宅の注意点を中心に詳しく解説します。

返済計画を明確にすること

住宅を購入する際には、数千万規模の借入を行うことも多く、一般的には土地と建物を金融機関の抵当権付きにすることで融資を受けます。ゆとりのある返済計画を立てて、何歳まで返済を続けるのか明確にしたうえで、住宅を購入することが必須です。

無理な返済計画を立てて注文住宅を購入しても、返済が滞ってしまうと競売や、任意売却などのリスクが高くなってしまいます。返済計画を立てることで、住宅購入の予算も決めやすくなるので、ご家族でしっかりと話し合って決めましょう。

金利は金融機関に相談を

住宅ローンの金利は現在低い位置で安定しており、家の購入がしやすい環境が整っています。しかし、社会情勢などの変化により金利が変動することもあります。もっと安くなるまで待とうとお考えの方もおられるかもしれません。

しかし、金融機関の店頭で公表されている金利は、あくまでも店頭金利と呼ばれているもので、実際に借入する際に適用される適用金利は、店頭金利よりも低く、若干違っています。金利がネックとなっている場合には、実際に借入希望者として金融機関に相談をすることがおすすめです。

キャンペーンのタイミングも逃さないこと

住宅メーカーや工務店などは、定期的に注文住宅に関する相談会などを実施しています。来場者向けの簡易的なキャンペーンだけではなく、お得な価格帯のセミオーダー式住宅などを案内していることも多く、通常時の契約よりもお得に注文住宅が購入できることもあります。気になるハウスメーカーや、工務店などが決まっている場合には、こうしたお得なタイミングを逃さないように、こまめにチェックしておきましょう。

注文住宅の購入費用相場

注文住宅を購入する際に、やはり気になるのは「費用」です。高額のお買い物を決めるわけですから、購入費用の相場を把握したうえで予算を決めたいものです。では、一般的な注文住宅の相場とは、どのようなものでしょうか。国土交通省作成の令和元年住宅市場動向調査報告書によると、注文住宅の住宅建築資金(土地購入資金を除く)は全国平均で 3,235 万円となっています。

このうち、統計を見ると自己資金は 880 万円を用意できているため、平均的な注文住宅の購入費用は2,300万円台が平均的と言えるでしょう。この統計は三大都市圏を除いていますが、都市圏でも数値はあまり大差ありません。

土地との購入を検討している場合には、この平均金額に土地の値段が加わることになります。購入費用を工夫するためには、自己資金をある程度頭金として確保することで負担額が減らせるため、住宅購入の際には、預貯金や退職金などをうまく活用するようにしましょう。

 

この記事では、注文住宅の購入の際に知っておきたいタイミングについて詳しく紹介しました。まだ購入は先かも、と思っている方はぜひ本記事を参考に、購入のベストタイミングをご検討ください。なお、こちらで紹介した金額やタイミングはあくまでも目安の1つです。無理のない返済計画を立てて、ゆとりに満ちたマイホーム計画を立てましょう。

【倉敷市】おすすめの注文住宅メーカー5選

イメージ
会社名森本工務店なんば建築工房住友林業小川建美ライフデザインカバヤ
特徴①30年以上も住み続けられる家づくりを目指している気候風土に根ざした知恵や工夫を活かした家づくり専門知識と経験が豊富なプロフェッショナルが一丸となって家づくりをサポート十人十色のこだわりを1つでも多く叶えるお手伝いをしてくれる地元で活躍するハウスメーカー
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【倉敷市】おすすめ注文住宅メーカー!
記事一覧