事前に対策を!注文住宅で起こりがちなトラブルについて解説

公開日:2022/08/15

注文住宅で起こりがちなトラブル

注文住宅を購入するにあたり、心配な部分も少なくありません。そもそも、注文住宅は建売住宅とは異なり、完成してみなければ分からないこともたくさんあります。「完成してみたら想像と違った」なんてことになったら、後悔してもしきれないでしょう。当記事では、注文住宅で起こりがちな困ったトラブル、および解決策を徹底解説します。

注文住宅でよくあるトラブルを事前に知っておこう

注文住宅における、よくある厄介なトラブルを5つ紹介します。

追加工事で費用が増える

本来決まっていた工事以外に、追加工事を提案されることもあります。その内容を深く理解しないまま、進めてしまうケースも少なくありません。

その結果、追加工事で高額な費用が請求され、トラブルに発展する事例があとを絶ちません。本当に追加工事は必要なのか、そういった部分も考えたうえで、住宅会社と連絡を密にとり、不要と思われるものは却下しましょう。

工期の遅れ

注文住宅はこれから作る住宅であるため、状況によっては予定通りに建築が進みません。天候や予期せぬトラブルが発生することも多く、予定していた工期より2週間や1ヶ月近く遅れることもあります。

工期は予備日も含め、完成引き渡しまでスムーズに進んでいくのが理想です。しかし、地震や水害などが発生することもあり、家を建てている場所は天候に恵まれていても、物流の拠点が影響を受けることもあります。工期の遅れを感じたら、すぐに担当者に問い合わせるなど適宜対処するのがおすすめです。

仕上がりが予定と異なる

家は図面通りに作られますが、現場で一定の判断をすることも少なくありません。たとえば配線や棚の大きさの変更、色の変更といったことです。施工業者によるトラブルなので、図面との違いに気づいた時点で指摘しましょう。

施工ミスおよび設備の不具合

最悪のトラブルと言ってよいでしょう。注文住宅を購入し、引っ越していざ済み始めたら欠陥住宅であることが分かるのです。例をあげると、ドアや床の傷、壁紙の剥がれやズレ、汚れ、色むらなどがあります。施工ミスや手抜き、雑な作業などであり、引き渡し後に発覚した場合は、修正を依頼して作業してもらわなければなりません。

その間は家に住めない可能性もあり、大きな負担になることもあります。もちろん施工側の責任なので、追加の工事費用は発生しませんが、大きな負担になることは間違いありません。

近隣トラブル

こちらは少し複雑な内容ですが、近年増えている事実もあります。施工中はどうしても業者の車の出入りが頻繁になります。したがって、近隣住民の通行を妨げるようになり、クレームが入ることもあります。

またスペース的な問題で、充満はみ出して作業することも少なくありません。その場合は「道路使用許可」の申請を行う必要があり、近隣住民にも伝えておく必要があります。

注文住宅のトラブルを防ぐためには?

厄介な注文住宅のトラブルを紹介しましたが、事前に回避することも可能です。こちらではトラブルを回避するコツをお伝えします。

業者側とコミュニケーションをとる

業者側にすべてを任せるようにすると、いくつもの問題が発生する恐れも。そこでおすすめなのが担当者とコミュニケーションを密にする、ということです。そもそも素人からすると図面を見ても、何がどうなっているのか分かりません。

イメージ通りの仕上がりになっていない、などトラブルになることも多いのです。そこで業者側とコミュニケーションを頻繁に取ることで、全体のイメージ、窓の位置、天井の高さ、棚の位置、色などをより具体的に説明してくれるようになります。イラストを活用してくれたり写真を用意したり、大手であればCGでシミュレーションしてくれることも少なくありません。

何度も内覧する

内覧を一切しないのはNGです。出来上がってから「イメージと違う」と言っても、大幅な変更はほぼ不可能です。引き渡し前に何度も内覧し、隅々までチェックしてください。また内覧時にはカメラを用意し、問題があると思われる部分は、証拠として画像に残しておき、担当者との話し合いに使いましょう。

近隣へ挨拶する

近隣住民とのトラブルを防ぐためにも「お騒がせします」と事前に挨拶を済ませましょう。挨拶時には、完成予定日などを伝えると安心してくれるケースが多いです。最近では、施工業者のみで挨拶することが増えましたが、できれば施主も一緒に行うのがおすすめです。

万が一、トラブルに遭ってしまったら?

どんなに注意していてもトラブルをゼロにはできません。ただ、住宅の不具合には住宅瑕疵(かし)担保責任保険があります。引き渡しから10年間が補償期間であり、雨漏りと基本構造部分に問題があると、無償で修復してもらえるものです。

ただクロスの剥がれなど、内装の問題や外観の問題には対応していないので、それらの場合は第三者検査機関や専門家(弁護士)に相談しましょう。

まとめ

注文住宅は自分の理想を具現化できるため人気ですが、さまざまなリスクもあります。まずは注文住宅で起こりがちなトラブルを理解し、そのうえで適切な対応方法を実践しましょう。家は一生に1度の買い物。

事前に準備することで防ぐことができるトラブルは、避けるよう努力することが大切です。この記事を参考に、トラブルを未然に防ぎましょう。

【倉敷市】おすすめの注文住宅メーカー5選

イメージ
会社名森本工務店なんば建築工房住友林業小川建美ライフデザインカバヤ
特徴①30年以上も住み続けられる家づくりを目指している気候風土に根ざした知恵や工夫を活かした家づくり専門知識と経験が豊富なプロフェッショナルが一丸となって家づくりをサポート十人十色のこだわりを1つでも多く叶えるお手伝いをしてくれる地元で活躍するハウスメーカー
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【倉敷市】おすすめ注文住宅メーカー!
記事一覧